&party

周波数を合わせて

少年院について分かりやすくまとめてみた

創作のために調べた資料をまとめました。随時更新。

f:id:yes108:20201112183111j:plain

どんな人が入るのか

  • 12歳以上26歳未満が入所対象。
  • 未成年が逮捕→家庭裁判所少年審判→「更生施設への送致」が決定→更生の一環として少年院へ送られる。少年院行きは前科にはならない。少年犯罪でも罪責が重ければ厳刑もありうる。
  •  半分くらいに刺青入ってる。一つの寮につき一人くらいは小指が無い。少年院に来るやつの9割は家に問題がある。(まとめサイトより)

 

習慣

  • 生活指導・職業指導・教科指導(高卒認定資格も取れる)・体力指導・社会貢献活動や野外活動、音楽などの特別指導が行われる。本も読めるしテレビも見れる。
  • スケジュールはガチガチ。7時起床→9時〜夕方まで活動→夕方からは自習や面接、テレビ鑑賞など→就寝。
  • 週に2、3回医務診察と風呂がある。
  • 中では敬語厳守・私語厳禁。大笑いしたら懲役房行き。元不良でも真面目にふるまい、行動が機敏。
  • ちり紙が配られる。少年院によって使い方はさまざまだが、便をふくのに使うと硬いので切れ痔になる。
  • 夏には水泳訓練。餅つき、花見、運動会などの行事もある。

    面会や手紙のやり取りは3親等、親や兄弟、祖父母、姪や甥までであれば行うことができる。

     

  • 中にいて1番辛いのは寝るとき。集団部屋と個人の時があるが、集団部屋の時は寝られない。歯ぎしり、叫んだり泣き出したりする奴がいる。売店で変えるのは下着と歯みがき粉くらい。(まとめサイトより) 

  • 飯は一ヶ月ローテーション。腹はいっぱいになるが麦飯で練り物が多い。

    お菓子は買えない。行事の時のみお菓子が食べられる。また、月一度は「特食」といい、少年院を支援する人の寄付からお菓子が食べられる。

  • 喧嘩やいじめを起こすと刑期が伸びる。

  • まれに少年院の中でも粋がって不良自慢をする人がいる

  • いじめはある。フルボッコは勿論無いが腹パンとか、歯ブラシが糞塗れになってるやつもいた。喧嘩は思ったりより起きない。一ヶ月に一回どこかの寮で起こるくらい。喧嘩を始めたらすぐ先生が警報ならして直ぐに7.8人の先生が飛んできて押さえつけられる。中のルールを破ると収容期間は最低でも1ヶ月、殴り合いなら3ヶ月くらいは伸びる。(まとめサイトより)

 

更生段階

評価により進級していくシステム。一定期間ごとに進級式が行われる。

  1. 考査生……10日間。単独寮。入所の原因や更生への決意などについて作文・日記を書く。
  2. 予科生……2ヶ月間。集団寮。生活全般のオリエンテーション、ルールや生活様式など、軍隊さながらの集団行動を指導される。赤バッジ。
  3. 中間期……中学生であれば教科を学び、16歳以上であれば職業訓練(土木建築、板金、電気工事、パソコン技能、木工など)。その他にも集会・体育・読書などの日課あり。青いバッジ。
  4. 出院準備生……名前のとおり。出院準備生のみの集団寮で生活。集団行動のリーダーをつとめることも。髪を伸ばし始めることができる。緑バッジ。

生活態度がいい院生であれば、“処遇外出”といって、1日だけ担当の教官と外出することが許される。

 

更生メニュー

特修短期処遇(4か月以内での仮退院を目指す矯正教育メニュー)

一般短期処遇(6か月以内程度)

長期処遇(12か月以内程度)

超長期処遇(12か月以上かけて矯正教育)

在籍期間が短い者を収容する施設は、社会復帰した時履歴書に在院歴を記載しても 目立たないように、○○学院、○○学園などの名前を付けられていることがある。

 

少年院を出た後は

「少年院で心を入れ替えられたか?」→YES 7%(NHK調べ)

職人か夜の仕事が多い。後はまた悪さするか。

収容期間の平均は約1年。

 

類似、関連施設

本人にとって規律ある生活・家庭的な雰囲気のどちらがよいかという視点で、家裁が前者と判断したら少年院に入る

少年鑑別所

家庭裁判所少年審判を実施する前に、少年の性格や非行性を鑑別するための施設。行動観察、心理テストや面接が行われる。

少年刑務所

少年を「刑罰目的」で収容する施設。(少年院は更生目的)

26歳未満の少年が対象だが、実態は20歳以上が多い。

保護観察所

「保護観察処分」「少年院の仮退院」「少年刑務所からの仮釈放」「保護観察付執行猶予」などの処分を受けた人物に指導・支援を行う施設。

収容されることがない。定期的に面談・指導・更生プログラムなどを受けに来る。

児童自立支援施設

犯罪などの不良行為を行なってしまった児童(18歳未満)や、家庭環境などから生活指導が必要な児童が入所。

児童相談所との繋がりが強く、児童福祉法上の措置として入所する場合も。

 

参考サイト

信憑性に疑問が持たれるのでまとめサイト出典部分はその旨を書いています。

より詳しいことを知りたい場合は以下へ。

Wikipedia- 少年院:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/少年院

刑事事件弁護士ナビ:https://keiji-pro.com/columns/109/

あなたの弁護士:https://yourbengo.jp/keiji/1057/

少年院.com:http://少年院.com

Togetter -ねほりんぱほりん 少年院編:https://togetter.com/li/1157721

まとめサイト- 中等少年院で見たこの世の闇書いて く:http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/4792013.html?p=1