コミックライブ福岡11・参加レポ

この記事をシェアする

本日、コミックライブ福岡11に参加させていただきました。

博多駅からまっすぐ歩いて30分、会場である福岡国際展示場が見えてきます。建物の中に入ると、参加者とおぼしき男女が待機列を作っています。さすが福岡、入場待機列ひとつとっても長いです。スタッフの方に声をかけてサークル入場チケットを見せると、会場内に入れました。

中では長机がずらりと並んでおり、サークル参加の皆さんがせわしなく本やグッズを立てています。私は頒布物が少ないので設営はすぐに終わりました。隣ははぁとふる売国奴(田中圭一先生)のスペースでした。

 

今回は二次創作スペースでの参加。前日に徹夜し、二次創作小説コピー本と創作ポストカードを仕上げました。当日は朝食代わりのタピオカミルクティ片手に3時間睡眠ながらやる気は満点。

一通り会場を回ったあとは、太陽出版共催のイラストコンテストに参加。おっちゃんやちびっこと机突き合わせてお絵描きした後、景品としてハーゲンダッツの引換券を貰えました。またハロウィン企画として「パロディ婚姻届」が配布されていたのも面白かったです。同人誌の頒布だけでなく、様々な楽しみ方があるのが同人誌即売会の良いところだと思いました。

その後、購入した同人誌ノベルティのお菓子を食べつつ同人誌読みつつ、14時30分ごろに撤収させていただきました。

今回の教訓は『新刊作業は余裕をもって』。次回参加するときは、頒布物だけでなく敷布など、設営グッズをもっと充実させたいです。スペースに来て頂いた方、お話していただいた方ありがとうございました!

 

コミックライブ福岡はファミリー層多め、また同人誌を出すサークルに人権がある(地元のイベントにはなかった)、夢本が圧倒的に強いという印象でした。企業主催だけあって色々な催しが行われているのも面白かったですね。すごく楽しかったです。 ではまた!

 

腐女子のつづ井さん (コミックエッセイ)

腐女子のつづ井さん (コミックエッセイ)