【Sims4】Stranger Villeの謎 前編

この記事をシェアする

EA社「Sims4」、拡張パック「StrangerVille」のプレイ日記。パブリッシャーセールで導入して以来放置していた謎解きシナリオを進めるだけ。

スペースウエスタン&オールドアメリカンをモチーフに、妄想解釈でお送りします😀

※一部スクリーンショット引用

StrangerVille(ワールド) - シムズ4情報wiki

本記事での導入パック

本体:PC版デラックスエディション

拡張パック EP:City Living、Get to work

ゲームパック GP:Parenthood、Stranger Ville

アイテムパック、キット Kit:なし

序章

※読まなくていい前日譚はこちら

 

 砂漠の街・Oasis Springs。「パワーカップル」で登場した伊達男クライド🕺と正気でないエイリアンカラミティ🦄は、異星間恋愛でくっついたバカップルシム。バウンティハンター(自営業扱い)のかたわら、反抗したいお年頃の長男マーティン、甘えたいお年頃の男の娘次男エレンの二児とともに平和でラブラブな生活を送っている。

 一方、「対立の中で婚約」にて登場した盗み癖・一匹狼・悪人というどうしようもない屑シムのミクニ💎。彼は元はバカップルのご近所さんだったが、隣町のモブタウニーを孕ませたことをきっかけに、嫁子供をほっぽりだして同居。ミクニは当然育児に関与せず、常に子供を怒鳴って追い出しているのですべての子育てゲージが悪化。そんな中で相変らず働きもせず女を口説く生活を続けていた。

 NPCの女軍人ジェス・シグワースを篭絡して離婚させ、シグワース家を追い出し、悪のキューピッド願望を進める。やさしい専業主夫からろくでもないヒモ・ミクニへの乗り換えもこのデータではよくあること。

 しかしそんな中、妾のジェスが感染者になってしまったのだ。話も通じず、不気味な笑いを浮かべながらかくかくと身動きをするジェス。さすがのミクニもかつてのご近所さん・バウンティハンター夫婦を呼び出し、調査を依頼した。

💎「昔は宇宙を飛び回るバウンティハンターだったんだろ? あんたも女と子供を抱えてるならわかるよな。俺の女をなんとかしてくれよ」

🕺「かーっ。嫁さんを置き去りにしてよく言うぜ。おまえさん、ガキのオムツの替え方も分かんねえんじゃないか?」

 子煩悩で家族仲の良いふたりはミクニ育児放棄を諫めるが、そんなことは気にしない彼。かくしてジニアス夫婦は、ミクニの監視をかねて、この街に蔓延る奇病を調査することになった。

🕺「目が離せないぜ」

🦄「見てられないよぅ」

第一章:新しい住人

StrangerVilleへようこそ:「この町では住人は元より植物もどこか変!」。

StrangerVilleは奇妙な問題を抱えた小さな田舎町です。気持ちよく迎えてくれる住人たちばかりですが、夜になると謎がうごめき始めます。この町について詳しく知るには、町のバーに集まる軍関係者や、町立図書館で調べ物をする科学者たちに接触したり、トレーラーパークの近くで怪しげな商品を扱う土産物店を訪ねたりしてみましょう。

 NPCでシェアメイトのジョニー・ゼストに家の番を任せ、引越し。シグワース家跡地リバーサイドグローブは空き家になっていたのだ。マーティンはお小遣いの少なさに不満を抱き、授業終わりにバイトを始めることに。(※バウンティハンターは自営業扱いなので給与収入ゼロ。現在は貯蓄を切り崩している)次男エレンが内装に緊張しているので、絵やカーペットを追加してやる。

🕺「なかなか良い内装だろ?」

 家長クライドの願望を『StrangerVilleの謎』に変更。ルールは、家長クライド以外は基本フリーウィル放置・加齢オン・砂漠マップのみ使用。

 なお、今回からクライドの普段着をマイナーチェンジしている。二人はつい先日若者から大人に成長したこともあり、それぞれ「鋭い観察眼」「いつでも歓迎」を持っている。休日のお父さん感があふれているね。

 

 近所の図書館に行って地元住民と交流。まぜこぜアート一家、ご近所の物語機能の影響か全員転居しちゃったんだよな。この街の奇病が怖くなったのかしらん。

 その後土産物屋を訪問し、値切りに成功して各種お土産を購入。盗聴器と謎の果実は多めに確保しておきました。

 空気を読まないエイリアンことカラミティに人前でマカロニチーズを食べることを諫められて思わず言い返してしまうものの、直後『ベッドの上で仲直りする』という選択肢が。プレイヤーが あのさあ!よそでやってくんない! となる。

 最後に秘密基地のドアを調べて、願望の第一段階達成。かわゆいゆいお嫁さんのカラミティちゃんはフリーウィルでぼーっとお庭番をしていた。見張りかな?

🕺「つれないけど顔が可愛いから問題ないぜハニー!」

 ドア横の資料を調べ、さらに植物の写真を入手。研究所内のパソコンはプログラミング技術がないと閲覧出来そうにないので、今日は帰宅です。

 

 一方街には、ミクニの次女・プッシーキャット🐱が父親を捜しに来ていた。ミクニはoverfl〇w作品に出てきそうな女癖の悪さで、婚外子を含めると既に18人ほど子女がいる。母には「あんたはお母ちゃんの稼ぎで育ったのよ。やけんお父ちゃんは死んだと思いね」とか言われたが、やはり安否が気になる様子。

第二章:隣人スパイ

 バーに赴き、軍人たちと交流を深めていくクライド。「誰かが秘密を嗅ぎ回っている」と警戒する軍人や科学者ばかり。

🕺「そんな噂があるのかい? どっちにしろ、よそ者のオレには見当もつかないぜ。軍人さまは大変だな(すっとぼけ)」

 シム内時間で数日間かけて信頼を積み上げ、軍人や科学者たちに聞き込みをして、図書館で調べもの。この過程で次男が『責任感が強い』水準に達したり、クライドの魅力スキルがカンストしたりした。進捗報告のためミクニ家を訪問すると、さらに三児(ジェスとの娘&モブタウニーとの双子)が誕生していた。散らかし放題の床、おむつから悪臭を放ちながらじゃれあう幼児を見て絶句する次男。

 やがて15個の揺るがぬ証拠から成るレポートを作成。土産物の屋台で店番をしている陰謀論者に渡して、カードキーを入手した。

 なんか店番変わってない…?

 とにかく扉ご開帳! 願望の第二段階クリア。

 扉の先には地下への階段。階下に降りてみると、不気味な胞子がうごめく不気味な通路が広がっていた。防護服もなしに吸ったらマザーに感染しそうな胞子。

「とりあえず(膀胱が)漏れそうだから出直すぞ!」とのことで帰宅すると、画面じゅうにピンクの胞子がちらほら舞っていた。

あっ…(やってしまいましたなあの顔)

 

う~ん……

 

 

 

後編へ続く!

andparty.hatenablog.com