はてなブログ10周年に寄せて

この記事をシェアする

 10年前。私にとって2011年といえば、児童書『NO.6』のアニメ化で深夜枠の存在を知り、単なる読書好きからオタクに進化した年でした。最初は好きなアニメの模写から始め、やがて自分でコピックを買い込んでイラストを描くようになりました。その頃同じお絵描き好きのクラスメイトから教えてもらった初めてのWebサービスが、かつて株式会社はてなが運営していた「うごメモはてな」だったのです。

 スマホタブレットが浸透した今ならいざ知らず、自作絵を見せびらかす場所も同好の士が集う場所も2010年代の女子学生には貴重なものでした。せいぜい自由帳の回し読みか校内イラストクラブの掲示板くらい。そんな中で、みんな持ってるDSをインターネットにつなぐだけで日本中の若年層と交流できるなんて夢みたい! うごメモはてなは海外のユーザーも利用しており、オーストラリアのオタクと交流していた時期もありました。

 そうやってのめり込んでいた矢先、2013年ごろに届いたのが「サービス終了のお知らせ」。利用者の男児女児はショックを受け、「運営を続けてください!」という所謂お気持ち作品があふれかえっていました。私は当時からちょっと斜に構えたオタクだったので「WEBサービスひとつ終わるくらいなんなの」と傍観しながらも、当日はわざわざ親のスマホを借りて、終了時間にブラウザを更新し、一面芝生の背景に書かれたサービス終了の文字をしみじみと眺めていました。隣で眺めていた母が、「あなたの青春の一つのページが終わったね」とそっと囁いたのを覚えています。

 その後、私はうごメモ時代の友人と交流するためにはてなブログを利用し始めましたが、やがて友人も離散していき、触れなくなりブログを閉鎖したのでした。

 

 やがて私は商学に興味を持ち始め、WEBマーケティングについて調べ始めました。当時はアフィリエイトブログ全盛期、いっちょやってみようとポチポチ利用可能なブログを探します。

 まずはアフィリエイト界隈の中でも人気なサイトを調べてみよう。簡単なHTMLは書けるけど、CSSなんかはさっぱりわからないので、難しいデザイン設定が必要ないもの。ログイン操作が簡単でUIがきれいなもの。画像やアフィリエイトリンクが簡単に貼れるサービスといえば……

 

はてなブログ

hatenablog.com

 そうして私ははてなブログに帰ってきました。

 しかし数千円収入が出たあたりで投稿に飽き、ブログを消去。創作に力を入れようと思い立つものの、pixivやTwitter以外にも設定などをまとめる個人サイトが欲しい。さて、どこで個人サイトを開設しようか……。

 まず無料。操作が重くないもの。オリジナル小説やイラストを投稿したいから、長文や画像が簡単に投稿できるサービスがいい。ニコニコやTwitterの貼り付け機能も欲しい。記事ごとにカテゴリがつけられる機能は必須。デザインはかわいく弄りたいけどCSSなんかはさっぱりわからないので難しい設定が必要ないもの。たまにはリアル生活の日記も書きたいから、小説・イラスト専門サイトではダメ。まったりにぎわっていて、オタクにも優しい自由な空気だとなおよし。

 しかし、個人サイトブームもブログブームも終わったのにそんな都合のいいサービスがあるわけが…。

 

……?

 

はてなブログ

hatenablog.com

 そうして私はまたもはてなブログで当ブログを開設し、10年前のうごメモはてな時代と変わらずに小説やイラストを載せたり日々をつづったりするのでした。

 

 


f:id:yes108:20211028173255j:image

f:id:yes108:20211028173253j:image

 

f:id:yes108:20211027002757j:image

f:id:yes108:20210414084750p:plain

 ちなみにオタクの(約)十年の画力変化はこんな感じ。当ブログは確か3代目、開設3周年になります。飽きっぽくてお絵描き活動もブログも書いたりやめたりですが、何事も十年変わらず積み重ねていけば、少しずつ変わって成長していくものなのでしょう。しかし巨乳好きが変わらないのもよくわかるな……

 

 改めてはてなブログさん10周年おめでとうございます。巷には様々なWebサービスがありますが、多様な使い方を受け入れる落ち着いた空気感、便利な機能、シンプルなUIがとても使いやすく長らくはてなブログにお世話になってきました。テキストサイトブームにはじまり様々なサイトが目まぐるしく栄枯盛衰を繰り広げる中で、魅力あるサービスを長らく利用できていることを嬉しく思います。今後もまったりよろしくお願いします😀🎶

 

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと