【BRADIO】INAZUMAジャケット 解釈

この記事をシェアする

 BRADIOメジャー1stアルバム「YES」がついに発売されました。収録曲はBoom!Boom!ヘブン や、きらめきDancing、Funky kitchenなど、BRADIOのルーツであるディスコ・ファンク・ソウル系に限らず、熱いロックやラテン調のナンバーも収録されています。

 リード曲のひとつである「INAZUMAジャケット」はアニメ・デュエルマスターズのEDにも採用され、SNSで見る限り子供とそのご両親層に人気を博しているようです。


【2018/7/4発売】BRADIO major 1st Full Album 「YES」(TEASER)

立ちふさがる相手に 別にビビってないさ ジョーダンじゃないよ
予期せぬ対峙で眉間にジグザグが走ったよ

こんな時はお気にのジャケット
ギラギラみなぎるサンダージャケット
「俺っち強いぜ」って本当かい?
それなら空割ってひたすらに応戦さ

ガラガラジャケット
ガラガラのジャケット Baby uh-uh 目覚めるパワー
稲妻がビビッ 止められないさ Oh yeah バトルはまぬがれない
ガラガラジャケット
ガラガラのジャケット Baby uh-uh みなぎるパワー
見えない敵も 信じる力 Oh yeah 強さは自分次第

「INAZUMAジャケット」より

 普段ストレートに勇気をうたうBRADIOにしては歌詞が抽象的。

 サビでは、「ガラガラ」のジャケットとは「みなぎるパワー」「目覚めるパワー」を与えてくれるもの。「ギラギラ」のジャケットは「言い訳シャワー」や「プライドが邪魔をする」「身動きがとれない」ものだと歌い上げています。またジャケットについては、「プライドって着こなし大変ね 眩しいエゴのスパンコールが乱反射」という歌詞も出てきます。

 ここから、スパンコールでいっぱいのギラギラのジャケットとは、「プライドやエゴまみれの心」で身動きがとれず、挑戦ができなくなった状態とわかります。逆に、ガラガラのジャケット を着るとは、プライドやエゴのない、しかし目標への渇望に満ち溢れた心を持っている状態なのです。

 また終盤では「「俺っち 強いぜ」って本当かい?」「素直になれりゃ 今頃君のヒーロー」「恥かいて涙みせよう」というフレーズも出てきます。

 

 最初は「ガラガラのジャケット、何……?」と驚きましたが、こうしてみるとやっぱりBRADIOらしい。

 BRADIO以前、インタビューで『ソウルミュージックの根底にある、自由を求めている人たちが邁進していく姿を音楽で表現していきたい』『今まさに夢を持って何かを追いかけている方にはぜひ聞いてもらいたい』と語っていました。「INAZUMAジャケット」とは、軽快なリズムとおちゃらけた言葉で夢を愚直に追う童心の肯定を示していました。

 

BRADIO 関連記事

andparty.hatenablog.com

 

YES

YES

  • 発売日: 2018/07/04
  • メディア: MP3 ダウンロード